FC2ブログ

模試のネット売買

ご無沙汰しています。
夏風邪をひいてしまいました。幸い連休中でありましたので、まる1日寝ることができて、発熱は避けられましたが、咳が残る気配がある状況です。私は花粉などのアレルギーの関係なのか、咳が長く続くことがしばしばあるので、注意しないといけません。
子供が受験の頃の習慣から、今も手洗い等を徹底するようにしていますが、緊張感が今一つたりなかったのかもしれません。

さて、標記のニュース記事が流れていました。

「進研模試、ネット売買横行 全国で40万人受検 実施日のずれ悪用」(西日本新聞)

進研模試の実施日が学校によって異なることを悪用したもののようで、模試の問題と回答が、ネットで売買されているということです。

進研模試、のみならず各社の模試は、学校単位で受験することも多く、期日が異なるので、後日の受験になった場合に不正は起こりうることは、息子が受験生の頃に認識していましたが、そもそも模試で不正をする意義は全くなく、不正を行うことはまさしく百害あって一利なし、と思っていたので特に気にすることはありませんでした。

今回の記事によれば、一部の高校で模試の結果を成績順のクラス分け資料に利用したり、大学への推薦の資料に利用したり、内部進学の合否判定に利用しているということが紹介されていましたので、近年日本でもモラルの低下が様々なところで指摘されている状況を勘案しますと、残念ながら一部の生徒や保護者が購入するというニーズは全体から見ればごく少数ではあるが存在するのだろうと思います。
そしてニーズがあると思えば、模試を売りに出そうとするものが出てくるのも、防げないと思います。

このような状況下で、物理的に不正を防止できないものを合否判定や大学への推薦資料に利用するのは、高校側の甘さということは否めないとは思います。高校側の負担は大きくなりますが、模試のデータの利用に関しては再考すべきと思います。

ただ、受験生にとって、過度に模試を疑うことは、マイナスになってしまいます。模試の受験は、合否判定等も有用なデータですが、試験に慣れるためにも必要なものです。
息子の場合、大学現役合格の大きな要因の一つに、模試の積極的な受験ということがあったと思います。

不正の規模がわかりませんが、息子のデータと合格状況を勘案すると、少なくともその当時には模試のデータの信頼性が損なわれるところまでは影響が出ていなかったと思いますし、それは現在も同じであると思います。
真面目に大学を目指す高校生、受験生にとっては、不正が行われるといたということは、大きな憤りを禁じ得ないことであるとは思いますが、気にしすぎることなく自分自身のために模試の活用を続け、合格のための学習を進めてほしいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
旧々々名称「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
旧々名称 「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
旧々名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でした」
現行名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でしたⅡ」
子は大学生になっています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR