FC2ブログ

志望は適正なレベルという考え方も間違いではない

 我が息子も大学4年となり、成績の順位は学生を成績で5段階に分けると最上位には入るようです。研究室も第一志望のところに入り、順調な歩みを続けているようです。
 もっと上位の大学に入っていても十分ついていけたと思いますが、希望の研究室に入るためには一定の成績が必要であるということを勘案すると、適性なレベルの志望大学であったといえると思います。

 大学ではサークル活動もよくやっていて、勉強と両立できているようで、こういったことも一定の余裕がないとうまくいかないと思いますし、その点でも良かったと思います。

 アルバイトをしなくても済むというのは恵まれている方なのかもしれませんが、塾に行くこともなく保育園から大学まで全て公立(保育園は認可であれば私立でも費用はかわらないですが)ということを考慮すると、アルバイトをしなくてもバチは当たらないと思います。
 ちなみに、以前話題にしましたが、我が家の場合、大学の費用は学資保険で賄えるので、大学の入学料と授業料は家計には影響していません。また、今後予想される大学院の学費に関しては、既に別建てで積み立てを完了しています。

 話がずれてしまいましたが、息子の志望校に関しては、高校の選択もそうでしたが、背伸びをしすぎずに、上を目指すことが可能というところであったと思います。このような志望を続けてきて正解であったなと思います。

 もちろん、中堅の高校であっても難関大を志望して悪いものではありません。本人がどうしてもその大学で学びたいというのであれば、チャレンジする価値はあると思いますし、入ってから苦労するとしても本人の志望が強固であれば打開していけるかもしれません。
 しかし、それも自由であるということで、義務ではありません。
 高校によっては、難関大の志望が当然という雰囲気もあるかも知れませんが、高校生の皆さんにはそうした雰囲気にのまれることなく自分にとって適正な志望校を選んでほしいと願います。
スポンサーサイト



テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
旧々々名称「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
旧々名称 「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
旧々名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でした」
現行名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でしたⅡ」
子は大学生になっています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR