スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【センター試験】迷う時間はもったいない、補足編

ここでは、前回の続きとして、中堅国公立大志望に特化したものとしてセンター試験模試の判定に関して少し述べようと思います。

進研模試(駿台ベネッセ模試を含む)と全統模試の違いに関しては、以前にも記事にしています。

進研模試と全統模試

記録に残している息子の模試の成績(偏差値と第一志望の合否判定)を参考にして中堅国公立大理系志望ということに絞って考察しますと、記述模試に関しては両方ともA判定が出ていますし、2つの模試の判定の差はそれほど大きくはありません。

一方マーク模試に関しては全統模試の方が明らかに厳しい判定になっていました。
よく言われるのは、母集団のレベル差なのですが、それも否定できないものの、大きな原因は模試の問題のレベル差ではないかという気がします。

息子の場合、数学や物理は多少難易度が高くても相応の結果を出せていましたが、それ以外の科目はなかなか仕上がらず、問題が難しいとより厳しい結果になる傾向があったように思います。

以前書いた通り、全統記述模試や全統マーク模試を受験することは、中堅国公立大の受験生にも有益と思います。しかし、合否判定については、特に現役生は全統マーク模試の判定はあまり気にする必要はなく、駿台ベネッセマーク模試の方でE判定以外が出ていれば、十分追い込みが可能であると思います。(駿台ベネッセのマーク模試でE判定が連続しているようであれば厳しいのは事実と思いますが、それだけで諦めることはないと思います。)

繰り返しになりますが、とにかく合格を目指すのだという気持ちにぶれがないのであれば、これからセンター試験に向かって、迷うことなく少しでも知識を積み上げることと、得点力を磨くということの2点に留意して勉強を重ねていくことで、道を切り開くことができると思います。

なお、中堅国公立大対策の2次模試としては、センター試験終了後にも行われる東進の「有名大本番レベル記述模試」がお勧めできると思います。
私も問題を見たのですが、問題のレベルがあまり高くなく、息子は自信を持てたようで、追い風になったと思います。
万一結果が悪くてもそれはまさに弱点を突かれたことになり、得点できなかった分野を重点的に補強することができますので、有益ではないかと思います。

また、東進のセンター試験本番レベル模試もお勧めできると思います。ただ、これも本番1か月前ですので、その後の努力は反映されたものではありません。そこを十分に理解した上で受験して活用すればよいと思います。
息子はこの模試を受けました。そして得意科目のレベルの高さを維持できていることを確認できたと思いますが、その他はあまり良い成績とは言えませんでした。それでも本番でボーダーを超えたということは、この模試の受験後の1か月間もまた非常に大事であるということだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。