FC2ブログ

年末調整と子どもの国民年金


受験とは直接関係しない話題ではありますが、今年の年末調整のときに、息子の国民年金保険料の納付証明書を添付して書類を提出しましたので、そのあたりのことについて書こうと思います。

扶養家族分の社会保険料控除が可能ということですが、今年から息子が国民年金に加入することになり、本年分の保険料を私が負担しましたので、その納付額を所得から控除されるようにしました。
今年は途中からですが、来年以降保険料が1年分になりますと国税のみならず地方税の税率を考えると結構大きな金額が戻ってきます。これは家計全体でみると大きなメリットです。

ここで、国民年金保険料は、本来は本人が負担すべきものと私は思っています。
息子の国民年金保険料であれば、本来は息子が納付すべきものだと思います。

息子はアルバイトをして納付資金を稼ぐということも可能とは思います。しかし、理系大学生としては、勉強時間を減らして成績低下により希望の研究室に入れない、といったことは避けるべきのように思います。

また、息子に学生の納付猶予制度を利用させることも考えたのですが、仮に大学院までの5~6年分を就職後に追納していくのは大変です。
国民年金ではありませんが、私自身も社会人になった時にローンの返済で結構大変だったことを覚えています。学生最後の休みに海外旅行に行くときに、40万前後だったと思いますが、ローンを組みました。
そして、追納できる期間も限られています。
そうすると、結局未納になってしまう可能性が高いような気がします。それは、将来の支給額の減額といった結果を招きます。

こうしたことを勘案して私が負担して納付することにしたものです。

国民年金保険料の納付に関しては、自分自身の経験から未納は避けたほうが良い、という思いが強いこともあります。
私自身の国民年金の予想額は、年額で10万円以上低いことが示されています。これは未納になっている期間がやや長いからです。私の学生時代は今と制度が異なり、任意加入だった時期もあることも1つの要因ですが、当時の私には納付しないことが老後に影響するといったことは全く頭にありませんでした。

将来の年金制度がどうなっているかはわからないのですが、未納の時期があれば少なくとも有利になることはないと思います。
息子が大学院まで進むとすれば、私の負担は少なくはないことになりますが、子どもの未来のために可能なことはしておきたいと思っています。

今回の話は、子の国民年金保険料を親が払うべきといったものではありません。
ただ、家族全体での負担の合計で考えると、所得のある人が負担したほうが税金を安くできるので、実質的な納付額を減らせるという合理的な考えも成り立つと思います。
そういった観点で考えるのもよいかもしれません。

変なプライド、あるべき論や建前論、といったものに縛られることなく、視点を変えたり合理的に考えて行動したほうが良いこともある、というのは受験にもあてはまるな、といったことを思いつつ、今回の話を終了します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
旧々々名称「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
旧々名称 「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
旧々名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でした」
現行名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でしたⅡ」
子は大学生になっています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR