FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【埼玉高校受験】ぶれずに進む

第6回北辰テストに関連した話題を続けます。

第6回でも思ったように北辰偏差値が上がらなかったケースもあると思います。
しかし、この時期に転塾のような学習の根幹を変えるようなことは、お勧めしません。

成績が上がらないと保護者は不安なものであり、新たな塾、家庭教師、などと考えてしまうかもしれませんが、もともと予定しているのなら良いとしても、突然予定のないことをさせられれば子どもの負担になってしまうように思います。
このあたりは子どもの性格にもよると思いますが、唐突に言われてしまうと、それだけでも子どもには精神的な負担になってしまう懸念もあると思います。

これからの時期は、試験に向かって、風邪をひかないといった身体面のケアがさらに大事になってきますが、心のケアも大事です。
そして、これから本番の試験に至るまでは、今までの歩みを信じて、そのまま走った(走らせた)方がよいと思います。

息子の高校受験の時は、2学期になってから北辰テストの成績の低下傾向が続き、第6回も第5回よりも成績が下がりました。しかし当時の私は、あわてず予定通りに進む、という方針を継続しました。
そして、息子は、第6回のテストで底を打って第7回テストで少し持ち直し、冬休みとその前後の集中勉強の成果で最後の北辰テスト(現在の第8回に相当するテスト)で成績をさらに上げ、そして私立高合格、第一志望の公立高に合格、となりました。

様々な成功事例があると思いますので、土壇場で様々な追加策をとって成功した例もあるかもしれません。しかし、保護者が右往左往せずに子どもを信じて進ませることも良い結果を生むのだと思います。

参考過去記事
昨年、第6回北辰テストの結果(2013/11/14の記事の再公開:パスワードは「oomiya」(英小文字6文字)を入れてください。)
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。