FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数学の才能を示すもの

先週北辰テスト第5回の結果が返っていると思います。これで「確約」を決める受験生も多いとは思いますが、「確約」に届かないとしても、まだ焦るには早いです。
大学受験では、先々週センター試験の出願も締め切られました。現役生は、模試で良い結果がでていないケースも少なくないと思いますが、まだまだ焦ることはないと思います。

ところで、表題の件ですが、才能(を示すもの)を見つけるのは難しいと思います。
私が経験から言えるのは、数学や算数において独特の解き方をする子は、数学を得意科目とする才能がある確率が高いのかなというものがあります。

あくまで私の経験や見聞きした範囲でしかないのですが、数学が得意だったかつての自分の同級生、家庭教師などでの教え子で、問題を解く時に適切に独特の解き方をすることがある子は、数学の成績が良かったり、成績が伸びる傾向がありました。
うまくお伝えできないのですが、やみくもに独特の解き方で解くというのではなく、やや難しい問題といった適切な時に使うというような感のものです。

息子もそのような傾向がありました。私も不完全ではありますが、同じような傾向があったと思います。

難問において独特の解き方をする子というのは、どんな解き方であろうと解く、という積極的な姿勢があるという見方もできますので、そういったところから努力を重ねて数学を得意にするという場合もあるかもしれません。
しかし、息子などを見ていますと、立体図形のイメージを頭の中に正しく描けるような芸術的センスといったものもあって、努力でそれを構築するのは困難だろうなという気もしました。

また、自分の経験から、このタイプの子を伸ばすのにお勧めできないのは、「この問題にはこの解法でなければダメ」という指導だと思います。教え子の解き方を否定するようなことはお勧めできません。
そして、このタイプの子は、小学校高学年になっていれば、ある程度思考の傾向を確立している傾向があるようで、そうなるとやり方を強制してもうまくいかないと思っています。中学生、高校生であればなおさらと思います。

また、このタイプの子であっても解法を暗記するのは悪くないかもしれませんが、あくまで解法の幅を広げるために行った方が良いと思います。ただし、このタイプは、暗記メインでは伸びない気がします。

私が知っているのは全て男子の例です。女子ではこのパターンの子はどうなのでしょうか。
1980年代中ごろの話ですが、このパターンの子のお母さんの1人によれば、女の子の場合はむしろ「この問題にはこの解法」といった教え方の方が良いように思うといった話をお聞きしたことがあり、そうするとこのタイプの女の子は少ないということかもしれません。

しかし、現代においては、男女差がマクロ的にあるとしても、性別ではなくあくまで個々人の差としてとらえるべきと思いますので、男だから女だからということを考えるよりも、個性はどうなのかという観点のみでまずは見たほうが良いと思います。

なお、数学の才能を示すものは、当然上記のことに限られた話ではなく、様々あると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。