スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大学受験】最近は、数多く受験するのが主流?

息子の高校時代の同級生は、大学受験では数多く受験するケースが多かった様です。

河合塾のkeinetでも、受験校決定のポイントの中で、4~6校を目安に、としています。

最近は現役志向が強いので、合格したところに行くということから、様々なレベルの大学を多く受ける傾向があると思います。
特に私大第一志望の場合は、その傾向が強いのかなという気がします。

国公立第一志望の場合は、あまり多くは受験しないのかなと思っていたのですが、そうでないケースの方が多いかもしれません。

息子の場合は、浪人も覚悟ということで、当初私大は受ける気がなかったようですが、結局1校1学科のみ受けています。
同級生で国立一本というのはなかったようで、また本番の入試を経験することも悪くないということで、自分で決めていました。

理大やGMARCHといったところも十分に狙えると思いましたが、入学する気のないところは受けない、というのは本人の信念でもあったようで、そこは本人の意思を尊重しました。

また、第一志望が強固でないケースでは、途中で難関私大に合格してしまうと安心感のためか気合が不足するのか、結局第一志望に不合格となるケースもあると思います。

自分が受験生の時代、早慶に十分合格する力があっても上智に合格すると早慶に落ちる、という話を聞いたことがあり、実際にそのようなケースをいくつか知っています。
私の幼馴染のお母さんもその説を強く信じており、その幼馴染もその教えの通り上智は受けず、早稲田に合格しました(一浪)。
当時の私は信じていませんでしたが、様々の結果からはそういったことがあることも否定できないと今では思っています。

結局のところ、現役で決める、という方針であれば数多く受けるのが良いと思いますが、国公立であれ、私大であれ、第一志望に拘るのであれば、受験数を多くすることはないのかなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。