FC2ブログ

本人をやる気にする先生が最良の指導者だと思う

良い先生というのは、教え方が上手である先生であるというのが、総じて教える側の認識なのかなと思います。
しかし、ユーザ(子ども)の立場では、自分をより勉強させる気にさせる先生が良い先生だと思います。
いかに指導者が優秀な指導スキルを備えていようと、生徒が勉強しなければ合格できませんから、まずは、子どもがやる気になる(子どもをやる気にさせる)ことが大前提です。

以前の記事で私が「ビリギャル」の塾講師に好意的なのは、その点もあります。
もちろん、教える技術というのも大事ですが、どんなにわかりやすい説明が出来ようと、最終的に生徒が勉強して知識や経験として定着しなければ無意味です。

残念ながら、生徒がわからないと怒鳴りまくり、がなり立てるような指導者、成績が思ったように伸びないとあからさまに不機嫌になる指導者が少なからず存在するようですが、今の日本の若者にはそれでは通用しないケースが少なくないのかなと思います。

今の若者は、という感じになるのは私もアラカンといってよい年齢ですのでわかりますが、プロの指導者であるならば、若者を批判する前に生徒をやる気にさせなければいけないのではないかと思います。
そのあたりをわかっていない、あるいはわかっていても目をつぶってしまう指導者が、まだいるような気がします。

塾などでは、指導スキルは優れている先生は多いと思いますが、ついてこない生徒はやめてよいという経営方針が許容されると思いますし、様々なタイプの指導者が存在しうると思います。
これは、生徒や保護者の側で判断するしかありません。
そのあたりは、特に中学生であれば保護者の責任範囲だと思います。他人の情報や風評のみに頼ることなく、是非自らが確認して、勘も働かせて、子どもにとっての本当に「良い先生」を見つけてほしいと思います。

保護者にとっての「良い先生」と子どもにとっての「良い先生」も一緒とは限らないのも悩ましいところかもしれません。そのあたりで少年時代に何回か辛い思いをした経験のある自分としては、子どもにとっての「良い先生」であることを優先して判断してほしいと願っています。
スポンサーサイト



テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
旧々々名称「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
旧々名称 「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
旧々名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でした」
現行名称 「彩の国埼玉の公立高校生の保護者でしたⅡ」
子は大学生になっています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR