FC2ブログ

私立高は大学受験に強いのか~その2

前回の続きです。

私立高では、公立高よりもコース分けがはっきりしているということが、最難関私立大の合格実績に反映されているようにも感じます。

1年時からのコース分けが大学受験に有利なことは、公立でも理数科の国公立大の卒業生数対比の現役合格者数の割合(以下、「現役合格割合」とします。)の高さで証明されていると思います。東大の入試などでは、幅広い学力が要求されますので、コース分けは必ずしも有利ではないのかもしれませんが、私大のように科目が限定されていますとそれに特化できるコースの方が有利なのは自明だと思います。

公立の普通科でも私立文系コース的なカリキュラムを選べるところが多いですが、私立高の方が、1年時からそうであったり、そうでなくてもより志望に特化したカリキュラムになっていると思われるところが多いのに比べると、どうしても不利になると思います。

また、今の早慶等の入試問題のレベルはよくわからないのですが、通常の高校の授業のレベルをかなり超えているのであれば、早くから対策をとる必要があり、また早い方がより有利ですので、中高一貫のカリキュラムを組める方がさらに有利ということがいえるのかもしれません。

一方、国公立大では、授業で対応しやすいセンター試験のウェイトが高いところも多いので、受験対策上高校の授業と補習でも十分対応可能と考えられ、最難関国立大ではなんともいえませんが、平均的に見ますと高校が公立か私立かといったことではあまり特徴は出ないように感じます。

ただ、ある私立高校では、高3の時など連日夜遅くまでハードな講習を行うところもあるようです。知り合いのお子さんが私立高校でしたが、まさにそういった状況で国公立大に現役合格しました。
また、他の私立高校でも、補習授業に熱心なようで、別途の受講料は取らないということもあって夏休みの補習などは全員参加と聞いたことがあります。その高校でも早慶等の難関私立大への現役合格割合は高くなっており、うなづけるところがあります。

公立高でも進学補習が始業前や放課後にもあり、息子の高校でも行われていました。ハードであればいいというものではありませんが、私が息子の高校受験時代に説明を聞いた範囲では、そのような補習がより充実している私立高校もありました。

それから、私立高では、大学受験時に生徒になるべく多くの大学を受けさせて私大合格を増やしていると勘ぐる向きもあるようですが、私立高だから合格者数が多いという傾向はみられないので、全体的には私立高だからということはなさそうに感じます。
例えば川越東では現役私立大合格者数の合計を卒業者数で割ると、1.97であり、蕨、浦和西といった公立高よりも低くなっています。公立男子校である川越高は1.4程度でありより低いですが、川越高の現役率の低さを勘案すればあまり差はないのかなと思います。

私大の現役合格割合が高い、すなわち合格人数が多くなるのは、公立や私立というよりも、現役志向が高いは低いかによるのかなと思っています。つまり、現役志向が高ければ国公立大の第一志望者でも私立大を複数受験するケースが多くなるということです。

最後に、今回はいつものようにデータを掲載していませんが、データについては各校のHPで公開されているもののみを利用していますので、確認が可能です。
受験生の保護者は忙しいとは思いますが、この記事のデータは別としても、志望校のデータは自分で確認してほしいと思います。そして、噂に惑わされることなく、保護者が自ら高校に出向いて説明をよく聞き、質問をすることで「真実」を知って欲しいと思います。

また、この2回にわたる記事は、あくまで私の独自の考察ですので、当たっているかは保証できません。そのあたりもご承知うえで見ていただければと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR