FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私立高は大学受験に強いのか~その1

先週末に浦和一女のHPを見たら、センター試験の志願票を生徒が提出したということが掲載されていました。9/26の出願開始に向けて、学校のサポートも始まっているのですね。
そして、高校受験では、受験生と保護者の皆様は、学校説明会や文化祭などでの学校訪問で忙しくなってきていると思います。

さて、表題の件、私立高は(同レベルの公立高と比較して)大学受験に強いということがよく言われていますが、そのあたりを少し探ってみました。
あくまで独自の研究ですので、保証の限りではありませんが、よろしければご覧ください。

結論としては、個別の高校によって強いところはあるのかもしれませんが、必ずしも私立だから強い、というものではないと思われます。
ただし、難関私立大に関しては、概ね強いということは言えるのかもしれません。

今回は、私立では開智、栄東、川越東、淑徳与野(順不同)について、公立では浦和、浦和一女、川越、川越女子、不動岡、浦和西、所沢北、蕨(順不同)について、国公立大、早慶上理ICU、GMARCHの現役合格者数、そして日本女子、津田、東京女子の3女子大についても調べてみました。

まず、開智高校では、高校入学者の在籍する高等部とと中高一貫部の両者の合格実績がでており、それによれば国公立大学全体の卒業生数対比の現役合格者の割合(以下、「現役合格割合」とします。)は概ね同等となっているものの、後者の方が早慶やGMARCH等の現役合格割合がかなり高くなっています。ここで国公立大の合格実績の内訳を見ますと、明らかに中高一貫の方が難関国立大の現役合格割合が高くなっており、生徒のレベル差が示唆されていると思います。したがって、早慶等の難関私大への合格者数も増えることは自然なことだと思います。

そして、県立川越高校では、国公立大全体の現役合格割合は開智高校の両部とほぼ同じですが、内訳は高等部と一貫部との中間に近いものとなっています。また、早慶等ではほぼ同じ現役合格割合であるものの、GMARCHでは県立川越の方がかなり高くなっています。
そして、淑徳与野、川越東、栄東といった高校では、早慶の現役合格割合は高くなっています。したがって、これらの4校では、早慶上理ICUといった、最難関私立大には強い傾向があると言えそうです。

全部の高校を見ていませんので、断定はできませんし、また中高一貫クラスの分もありますが、上位の私立校では、全般的に同じような傾向がありそうで、私立高の志望を考えるのであれば、そのあたりもチェックしておくと良さそうです。

次回に続きます。
スポンサーサイト

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。