スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語(現代文)は、問題文に忠実に解く

自分は国語が得意ではなかったこともあり、当ブログでもあまり取り上げていませんでしたが、その国語に関して書いてみようと思います。

読書というものをあまりしてこなかった息子ですが、国語の成績は比較的良好に推移しており、中学までは5段階で5が多かった印象があります。

高校受験時には、学校の勉強以外では、サボり気味だった進研ゼミの教材の一部、北辰テスト、それから北辰テストの過去問をやったぐらいではないでしょうか。
北辰テストでは、国語の偏差値は55~60といったところで推移していたと思いますが、、公立高校受験では、得意科目の1つである理科よりも国語の点数の方が良いといった「珍事」もありました。

大学受験でも、センターの現代文は結構良かったですね。概ね8割取れていました。
大学受験では、現代文は学校の勉強と、模試、センターパックのみでした。ただ、高校の授業では、センターで8割をとれる授業ということを先生が言っておられたのですが、概ね達成できたので、感謝あるのみです。

数学の得点力と関係する論理的思考能力といったものも関係していると思いますが、問題文を素直に読み込んで、余計な想像をすることなく、問題文に忠実に解答するということが基本ではないかと思います。
息子の場合は、読書量がきわめて少なく、余計な想像ができる余地がないということも良かったのかもしれませんが、読書量が多いと得点できなかったかどうかまではわかりません。

読書は人生にはプラスになると思うので奨励したいところですが、受験に関しては読書よりもまずは問題演習ではないかと思います。
埼玉の公立高校では作文も出るのですが、これも読書ではなく、書く練習につきます。これは、3学期に中学校でやっていただいたので、大いに助かりました

自分の大学受験生時代、いや小学校からそうですが、自分は読書量が多いから国語(現代文)の勉強は不要というような誤った考え方をしていましたので、点数が取れるはずもありません。小学校時代は国語で5をとったことはなく、中学校からは10段階評価ですが、いつもぎりぎり合格点か、赤点か、というような成績でした。
読書量だけでは得点力にならないという事例になってしまっています。

国語(現代文)は、問題文を忠実に読めれば点が取れるので、その練習をきちんとすることが、高校受験でも、センター試験でも大事だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。