FC2ブログ

【大学受験】中堅国公立大志望者の併願私立大

中堅とはいえ国公立大のみ志望というのは、現役志向が強い昨今では、少数派であろうと思います。

息子は中堅の私大を1回受けています。
しかし、かなり得点できた感が強かった様で、逆にその大学には行くべきでないと思ったようです。
よって、納入金は払っておらず、事実上国立1本でした。

息子の入学した国立大の理系ですと、東京理科大、GMARCH、芝浦工大等を併願するケースが多いようで、私もそのうちのどこかを受けてもいいのかなと思っていました。

息子は、東京理科大には少し興味があったようですが、あまり積極的ではありませんでした。これは、自分の成績では厳しいという思い込み(あるいは刷り込み)もあったのかなと思います。
私は、中央大の理工学部や芝浦工大は進みたい分野もあるので第2志望の候補としてはよいのでは、と思いましたが、本人は興味を持たなかったようです。
私大が嫌だというような話ではなく、第一志望以外は視野に入らなかったということもありそうです。

息子の併願に関しては、私はあまり口を挟みませんでしたが、いざというときに話ができるように、理大、GMARCH、芝浦工大といった私大の受験科目などを調べてはいました。

これらの大学は、基本的には通常の入試ではほぼ3教科3科目で受験できますが、センター試験利用入試では科目が微妙に変わってきます。
例えば、東京理科大は、国語が古文漢文を含みますが、その他も一部はそのようなところがあるものの、国語は現代文のみになるか、課されないところが多かったと思います。

入試科目は変わり得るのでここで詳細は書きませんが、中堅国公立大志望者は、上記の難関私大等を併願するケースが多いと思いますので、センター利用入試の科目を把握しておくことで、有利な併願を考えることができる場合があるかもしれません。

保護者も本人と話ができるように、国公立大志望であれば、併願しそうな私大の入試制度や科目をざっとでも調べておくのは良いことだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR