FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験勉強は最後の最後まで

指に無数の水泡のようなものができてしまい、かゆみがあります。最近洗い物が多いからなのかもしれません(兼業主夫なのです)。冬場はワセリンを塗ったりしてケアするのですが、夏は結構放置してしまうので、気が付くとかゆくなっていることがしばしばあります。

ところで、自分の経験では、どんなに受験勉強を重ねて来ていても、本番直前に頭脳を休ませるような状態が続いていると、実力通りの得点ができなかったことがあったと思います。

自分の中学受験時代は、本番前1~2週間は頭を休ませて簡単な計算練習などをやるように塾から指導されていました。当時最初受けた第一志望の私立中はもやもや感が残ったものの幸い合格できましたが、さらに2週間後の国立中の入試では、予想以上に解けなかった記憶が残っています。チャレンジ校といえばそれまでですが、頭が固くなっていたような気もします。
一応中学入試は成功事例であり、今でも私の母は当時のそうした指導が頭にこびりついているようで、孫すなわち私の息子にそうしたことをいうので、苦笑してしまうこともありました。

本番前1~2週間は、体調の維持には気を付けるべきで、当然睡眠時間を削ってまで猛勉強するというのは避けるべきであり、それはこれまでも何度か触れてきています。

しかし、前日まで頭を回転させている方が、本番でも頭が回転できるのではないかと思うようになっています。
体調に留意することは当然として、その範囲で最後の最後まで知識を積み上げ、得点力をUPさせるように努力する姿勢を維持することもまた大事だと思います。

当然個人差はありますので、これがベストというつもりはないですが、緊張感を持続させるためには、程度の差はあれ最後まで頭脳を回転させた方が良い気がします。

勉強を積み重ねてきても、最後に油断してしまうと、あとから上がってきた後発組の勢いに譲ってしまうこともあり得ると思います。

高校受験も大学受験も、本番までは約5か月~6か月というところですが、短いようでまだ時間があります。受験生も保護者の皆様も息切れしないように最後まで頑張って欲しいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。