私大専願者と国公立大志願者とは、どちらの負担が大きいのか

9日もしくは10日から夏休みの方が結構おられたようで、両日は通勤電車が少し空いていたように思います。受験生には夏休みはない、などとも言われますが、直前期になる正月とは違いますので、個々のやり方でこの時期は少し緩めでもいいかもしれません。
個人的には、勉強時間は減っても0の日は作らない方が良い気もしますが、メリハリをつけたほうが良い人もいるので、そこは個々人が決めればよいと思います。

ところで、文系では、英国社の3教科3科目型の私大の志望の方が、5教科8科目(又は7科目)が課される国公立大の志望よりも負担が軽いとされています。

確かに、理数科目が嫌いだったり不得意だったりといった場合は、得点源にするのは極めて難しそうですので、そうなのかもしれません。しかし、難関と言われる私大文系では、目指す人が多く、必然的に1つ1つの科目では高得点が要求されますので、必要な勉強量は大変なものになっているように思います。

そのような難化している私大入試を考えると、逆に、基本的な問題が多いセンター試験のほうが負担は大きくないという考えの人もいると思いますし、それもまた間違っていないと思います。

今とは時代が違いますが、自分の受験生時代は、早稲田の政経や法学部に合格するための勉強量は、一橋大に受かるための勉強量と、トータルではあまり差がない印象がありました。例えば日本史なら山川の教科書である詳説日本史及び用語集を全て暗記するくらいの勉強が必要という話でした。
私自身は理系からの文転なので、私大文系でも数学選択でしたから、そうした経験はありませんが、早稲田は全滅でしたので、勉強量はかなり必要なのだろうと推測していました。

今の文系受験は正確なところはわかりませんが、そもそも、暗記がどのくらい苦痛かは、個人差が大きいので、3科目の暗記主体の学習は比較的楽、と考える受験生は多いのかもしれません。
また、国立志望からの私大専願に変えたようなケースで、数学が生かせると負担は少なくて済むかもしれません。もっとも、最近は数学も青チャート丸暗記という勉強法も普通のことのようですが。

理系の場合、早慶を目指すなら、3教科4科目になりますので、難関国立大の2次試験対策と同等以上の負担になりそうです。センター試験950点満点で600点以上であればよい、といった東工大の志望者と、実質的に負担は変わらないかもしれません。

また、中堅国公立大では、2次試験は3教科4科目でないケースも多いですが、センター試験の比重は高めのところが多く、相応の点数が必要ですので、受験者にとってセンター試験の負担は軽いとは言えません。理科大の3教科3科目との対比でも、どちらが楽というよりも、どちらも相応に重い負担であるというべきである気がします。

結局難関と言われる私立大、そして中堅以上の国公立大を目指すには、どちらも軽い負担ではなく、どちらを目指すとしても強い志望動機によって軽くない負担をこなしていく、ということが必要であるように思います。
その意味では差はなく、受験勉強が楽な方を目指す、というような考えですと、厳しいことになる可能性が高くなってしまうように思います。

逆に、国公立大は5教科だからというだけで諦めることはなく、学びたいことが国公立大で見つかったのであれば、前向きにチャレンジするのも良いのではないかと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR