【高校受験】やりたい部活は尊重するのが吉

以前にも以下の記事の中で書いてはいますが、受験生の保護者さんと話しているとあまり考慮されていない方もいるようなので、子どもがやりたい部活を尊重してあげることに関して再び記事にしてみました。

【高校受験】行きたい高校、行かせたい高校(2016/8/1公開)

高校受験では、保護者は勉強の観点、その延長の大学受験を見据えて高校を考えることが多いと思います。

しかし、子どもは、いかに学校で高校生活を楽しむかという観点が重要になっていると思います。部活の選択はおそらく譲れない所だと思います。

結論的には、それを尊重する方がよいというものです。

そして、受験前はあれだけこだわっていた部活なのに、入学後に別の部に入部するということは多くあることです。

しかし、受験前は入った後どうなるかではなく、まずは合格することが大事で、これは言うまでもありません。
合格するためには、勉強が必要、そして勉強を効果的にするためには、本人の高いモチベーションが欠かせません。
このとき、やりたい部活がない高校であれば、モチベーションは上げにくくなってしまいます。

本人のやる気を最大にするためには、やりたい部活があるのであれば、それを尊重するのが一番簡単なことです。

個々の受験生で様々だとは思いますが、高校受験生の心理状態は、それまでと違っていると考えたほうがよいかもしれません。
当然ながら、反社会的な発想やモラルに反する発想は正すべきですが、部活への憧れは、受験期では1つの心の救いになっているようなところがあり、それを尊重してあげることが、合格という観点では良い結果を生む確率を大きく向上させると思います。

なお、ごく限られた高校しかない部活を希望するということもあり得ますが、そういったケースでは、本人とよく話をして、本人の本気度や適性を見て、個々に判断するしかないと思います。
簡単ではないかもしれませんが、本人の意にそわない形で着地するとしても本人と保護者のコミュニケーションが良好にとれていれば、カバーできることも多いと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR