【埼玉高校受験】夏休みは、私立高を知る機会でもある

埼玉では、公立高を第一志望としている場合でも、必ず私立高を受験して、1つ以上の私立高校に併願合格しておいて公立高を受検するのが普通になっていると思います。

そして公立高の定員の合計は同学年の人数よりも少ないので、一定数は必ず私立高に行くことになります。
そのため、公立高の志望に関わらず、入学しても良いと思う私立高を見つける必要がありますので、私立高を検討することになると思います。

埼玉出身の保護者の場合、どうしても自分が高校受験生だった時の価値観で埼玉の私立高を見てしまうことがあるようです。
近所や親族との関係等の「しがらみ」もある場合があることは理解していますが、昔とは大きく変わっている私立高校もありますので、可能な限りそういった考えを封じて、子どもの選択を尊重することを薦めます。

私立高を知るということでは、夏休みに多くの私立校でオープンキャンパス、部活動体験、入試問題の説明会といったイベントが開催されますので、そこに参加するのがよいと思います。
学校には保護者との相性というものもありますが、基本は子どもと学校との相性が重要ですので、子供主体で参加を検討すると良いと思います。

また、埼玉県私立中学高等学校協会が主催する「埼玉私学フェア」なども活用するとよいと思います。
既に県北(熊谷)は終了してしまいましたが、8/19(土)、20(日)は川越で、8/26(土)、27(日)は大宮で開催されるようです。
詳しくは以下のサイトでご確認ください。

埼玉私学フェア
(埼玉県私立中学高等学校協会)

よさそうなところが見つかれば、秋に文化祭が行われる高校が多いので、そちらも行ってみるとよいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR