得意科目→不得意科目に陥るのを防ぐ

前回、高1で英数国の得意不得意が見えてくるということを書きましたが、中学まで得意だった科目が高校では不得手になるというケースは結構あります。
英数国の場合は得意科目から不得意に真逆になることはあまり多くない印象はありますが、理科社会の場合は、経験からもそのようなケースがあるように思います。

社会(地歴公民)ですと、特に歴史については、内容がかなり詳細になっています。そのため、初めのうちに油断したり、あるいは興味を失うなどして勉強がおろそかになってしまうと、その後ずるずるといってしまうことがあると思います。
歴史は時代の流れで理解する科目でもあるので、そのような状況になってしまいますと、途中からの挽回が難しくなり、結局不得意科目になってしまう可能性が高くなります。
そして、復活させるためには相応の暗記が不可欠ですので、ますます成績上昇が難しくなってしまうと思います。

理科ですと、物理は初めの力学でつまずくケースが結構あります。そしてそのままですとおそらく浮上は困難になってしまいます。
そこで諦めると工学系大学の志望は厳しくなってしまいますので、とにかくついていくことが大事です。物理は暗記量が多くないので、ついていけば何とかなるものです。
文系の場合でも物理の学力をある程度維持しておくと、覚える量が多くないのでセンター試験で有利になる場合もありそうです。

化学や生物は、あまり語れないのですが、化学は有機化学でつまずくケースが結構多いように思います。
生物は、内容が深堀されていくので、昆虫や植物が(表面的に)好きといったことで中学まで得意分野だったとしても、急速に不得意になってしまうことがあるように思います。
化学や生物は暗記も重要ですので、やはり低迷が続くと復活するためには暗記量の負担が大きくなってしまい、厳しいことになってしまう可能性が大きくなってしまいます。

結局のところ、どの科目であっても、不得意になるケースは、高校での初期の対応で決まる部分が大きいのかなと思います。

どの科目もそうではあるのですが、とにかく授業についていくことが大事だと思います。不得手になってしまったと思う科目であれ、もともと不得手な科目であれ、なんとか平均点は維持させるような努力を3年間継続すれば、そのような努力を怠った人との差が、センター直前の追い込みの効果の違いになってくるようにも思います。

また、難関高の次に位置する高校であっても、1つ以上の得意科目をもち、かつ5教科が全て平均以上を維持できている状況が早くから確立されれば、無理は禁物ですが、難関国立大を志望できる水準もみえてくるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR