【大学入試】入試では満点に拘らない

東大、京大、国公立大学医学部等の最難関国立大の受験生であれば、センター試験で満点を取る科目があることは珍しくないかもしれません。
しかし、中堅国公立大から旧帝大あたりまでを目標とする受験生の場合、満点を狙うのは勧めないという話です。

受験ブログ等で、センター試験で満点を取ったことを公表していることは、数多くあるようです。満点をとれるのは良いことですし、よく頑張ったと思います。

私自身の受験生時代、特に数学は試験で「満点」をとるということに大きな意義を感じていたと思います。あまり親のせいにしてはいけないのですが、小学校の頃は満点を取らないと怒られるという記憶しかない状況ですので、その影響も大きかったかもしれません。

しかし、中堅国公立大前後を目指すレベル、センター試験で総合8割程度までのレベルでは、満点の必要はなく、むしろ狙うのは良くないと考えています。
大学(や入試センター)の考えにもよりますが、基本的に入試では、適正に選考するために受験者の多くが満点を取ることがないような難易度にされるのが通常です。
ですから、中堅国公立大前後を目指すレベルにあるほとんどの受験生にとって、入試問題は(受験会場では)満点をとれないものと考えたほうが良いと思います。

数学を例にとりますが、数学では下手に満点に拘ると、時間がかかる問題に時間を取られたり、不必要にあわてて本来取れるべき問題を落としたりするリスクが高くなると思います。これは自分の経験からも言えます。

理系から浪人で文転したような受験生は、センターの理科基礎では結果として満点というのも結構ありそうですが、そういったケースは良いとしても、現役生が中堅国公立、いや旧帝大あたりを狙う場合でも、例えば理系であっても数学や物理で満点というのは、そう簡単ではないと思います。

8割以上の高得点を上げる自信があるのであれば、そこから満点を取りに行く勉強をするよりも、その分を不得意な科目やセンター試験のみの科目の学習に振り分けたほうが、総合点は上がるように思います。

得意科目で満点をとって突破するという考えはありだとは思いますが、それだけでは経験上からも、かなりばくちに近いと思います。得意科目の得点に頼りすぎることなく、他でもある程度の点を取りに行くことが、合格をより近づけるように思います。

それから、満点で当たり前と思っていると、満点でなかった時のダメージはかなり大きく、後に引きずりかねないと思います。これも経験からですが、老婆心ながらということで。

なお、中堅国公立大を狙う受験生でも、センターで特定の科目について満点を普通に取れる人もいるようです。そうした受験生に満点を取るな、といっているわけではありません。
平均点が高く、満点が比較的取りやすい場合も過去にはあったと思います。結果として取れるのはもちろん問題ありません。満点を狙うなという話であり、避けろという話ではありません。

なお、蛇足ですが、当ブログは、最難関国立大等の志望者やその保護者を対象として書いているものではなく、それらの次に位置する人やその保護者を対象として書いています。
線を引いてここまでというものではないので、中堅国公立大を目指す層の前後でも何らかの参考になれば、とは思っています。
高校受験であれば、埼玉の高校受験において公立最難関高を志望する人やその保護者、というを対象にして書いているものではなく、それらの次に位置する人やその保護者を対象として書いています。
時々同じ趣旨のことは記していると思いますが、最近初めて当ブログをご覧になった方もいらっしゃるかと思いますので、ここでも書かせていただきました。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR