【大学受験】志望は雰囲気に煽られて決めてはいけない

今回の趣旨としては、成績上位でなくても難関大を目指すのは自由だが、適正なのかを良く考えたほうがよく、難関大志望のみにに拘るべきではないという話です。

前回、東工大を志望すべきのようにもとれる記事を書いたのですが、難関高の次に位置する高校の成績上位者に向けてのものであり、全ての理系の受験生が東工大を目指すべきという話ではありません。

さて、最近、埼玉の難関高の次に位置する高校では、国公立大への合格実績の向上を目指す動きが強くなっているように思います。
それ自体は歓迎すべきことだと思います。

しかし、合格実績を拝見していると、一部に適正でないランクの大学の志望をしている受験生がいるのかな、という気がしています。
難関国立大を目指すべきというような雰囲気が高校にあるのかないのかはわかりませんが、そのような自分の意思以外の要因で志望を左右されるのは避けるべきです。

本人がそれを望むのであれば良いのかもしれませんが、無理な志望であれば合格は難しいのは自明です。
近年は現役合格ということが重視される傾向が強く、前期で無理なチャレンジとなると、現役合格をするためには、後期試験でどうしても必要以上に安全策をとってしまうことになりそうで、それはそれでよいのかもしれませんが、もったいないなという気もしなくはありません。

そして、難関大に拘って浪人した場合、それに縛られるケースもありそうで、苦しむかもしれません。

本人の納得のいくチャレンジであれば、むしろチャレンジは称えたいのですが、そもそもその志望が適正なのかということは考えてもいいと思います。

高校が総論的に難関国立大志望を薦める1つの理由としては、生徒により多くの時間をかけて勉強してほしいということがあると思います。確かに、1ランク上を目指すことで勉強量を増やすという方策は否定しません。ただ、生徒自身は、目指すべきは難関国立大のみ、というような方向性として捉えないようにしたほうが良いと思います。

息子の場合、2者面談でむしろ下を考えるように言われていたようで、余計なことを言わなくて良いのに、と思ったことがあります。
もっとも、3年時の成績を見ればご心配はごもっともでありがたいというべきですし、不合格になった時に、先生が志望を変えるように言わなかったから落ちたのだ、などというような、モンスターな保護者さんも世の中には存在するようなので、安全策を薦めるのは仕方がないのでしょう。

このような状況がありましたので、学校側が個別の生徒に面談等でチャレンジを必要以上に促すとは思わないのですが、学校が難関大を狙うのが当然のような雰囲気を作っていると、生徒がその方向にいわば煽られてしまっても不思議はないように思います。

適性を無視してそうした雰囲気に乗って志望しても良い結果は得られないと思います。
本人の現実的な範囲での最高ランクの大学はどこか、ということはよく考えたほうがいいと思っています。

難関国立大を目指すということは、理系では、地歴Bか政経+倫社を選択するなど、5教科7科目フルで最低8割を目指すことになり、2次対策も3教科4科目になります。
これは、仮に中堅国公立大志望が適正である生徒にとっては、極めて重い学習になってしまい、消化できずに「穴」ができてしまう懸念もあります。
そうなると、志望変更してもその「穴」は残っており、本番でそれを突かれてしまうと厳しいことになりかねません。

学校全体の雰囲気といったものは変えようがないのですが、そういったものがなかったとしても、自分の見栄のようなものがあればそれも排除して、現実に目指せる範囲というものをうまく見つけ出してほしいと思います。

強い志望は大きな力にはなりますが、無尽蔵でも万能でもありません。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR