【大学受験】高校2年の夏休みの活用

期末試験も終わり、夏休みも近づいてきました。
高2の夏休みの勉強は、かなり効果を上げるというのが、息子が高校生の時に私も実感したことです。

高2の夏休みとなれば部活も大きなウェイトを占める場合もあるでしょうし、秋に文化祭がある場合は、その準備もあると思います。
それらにも全力で取り組むのもまた大事なことだと思います。

それでも毎日1時間でもそれ以下でも、とにかく40日間でやると決めたことを1科目でもまとまった学習を継続することができれば、秋の模試で効果を実感できることになると思います。
仮に目に見えた結果が出なくても将来につながっていくと思います。

そうしたよい効果を弾みとして、次に様々な科目の勉強に取り組むことで、またそれが実績となる、という良い流れを掴みやすくなると思います。そして何らかの実績を上げた経験があれば、高3の夏休みになったときに頑張ろうという気持ちに持っていきやすいと思います。

高2の夏休みに「中だるみ」のようになって勉強がおろそかになっても、高3で挽回することはできると思います。しかし、高3になった直後の模試では成績が下がることが多いので、もし夏に何もせずに高2の秋以降に模試の成績が落ちてしまう場合は、成績が下がりるづけるという経験をする可能性が出てきます。そうなってしまうと、勉強するモチベーションを保つのが、難しくなってしまうかもしれません。

それぞれの高校生活をどのように過ごすか、どのくらいの勉強をするかは、個人が決めることです。高2の夏から入試までは時間が長いので、あまり欲張って勉強することもないのかなという気はします。
それでも、高2の夏休みを活用して、学習を継続させることができれば、多少なりとも楽な気持ちで高3の受験を乗り切りやすくなるかなと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR