【埼玉高校受験】平成30年度公立高入試の募集人数公表

昨日(6/22)の朝刊でご覧になった方はご承知と思いますが、埼玉県教育委員会より21日に平成30年度高校入試の募集人数の発表がありました。

平成30年度埼玉県公立高等学校第1学年及び専攻科第1学年並びに県立中学校第1学年生徒募集人員

中3の人数が減っているため、全体で800名募集が減るということです。
上位校等で減るのは、浦和一女、浦和西、大宮、春日部、川口北、越谷北といったところですが、逆に川越、川越女子、蕨、市立浦和は増えます(増減は、各校40名ずつ、全て普通科)。
募集減の高校を見ると、各地域で平均的に選定されている印象ですが、募集増は埼玉西部、南部(中央部)のみとなっており、埼玉西部ではあまり人数が減っていないということかもしれません。

埼玉西部では、川越、川越女子、所沢北(普通/理数)、松山理数が上位になってくると思いますが、昨年度入試の倍率は、それぞれ1.37倍、1.46倍、普通1.60倍/理数1.95倍、1.74倍となっています。
これは、東部の上位校である春日部(1.28倍)、越谷北普通(1.21倍)、越谷北理数(1.66倍)と比較しますとかなり高くなっていますので、今回の人数増減は順当といえるのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR