埼玉公立高における平成29年国公立大学合格状況から見えるもの①

国公立大学合格状況については、主な高校では、6/18現在で川越女子を除いて各校のweb上で何らかの形でこの春(平成29年度)の実績を公表しています。

今回は難関高の次に位置する高校(以下、準難関高とします。)を中心に考察してみます。

準難関高では、国公立大の合格実績を伸ばした時は、難易度的には下位に位置する国公立大の合格が増えているケースが結構あります。

ここで、国公立大合格率(現役+浪人)をグラフにしてみました。なお、合格率は例年同様、分母は募集人数としています。全体の合格率順に左から並べています。
29genrou_0.jpg

中央付近から右側、不動岡から熊谷女子の6校では、全体の国公立大合格率は大きく変わりませんが、川口北と熊谷女子は、他の4校と比べると、その他国公立大の合格の割合が高いことがわかります。

熊谷女子については、群馬大または群馬県の公立大の合格者が比較的多くなっており、自宅から近い大学に行きたいという希望は結構多いと思われますので、学力レベルにかかわらず志望するケースもあっても不思議はなさそうです。
なお、熊谷高も群馬大の合格が多くなっています。

一方川口北では、全国の公立大など様々な大学に合格している傾向があると思います。
所沢北でも昨年と今年、やはり様々な地域の合格者が多くなっていますが、こちらは範囲が少し狭く国立大がやや多く、また公立大は近県が多いようです。

国公立大の合格実績は、中身をよく見て判断するべきという事例ではありますが、一方では、地元に拘らずに多様な地域からの選択を検討することが合格への1つの道であると示しているともいえそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR