学校選択問題でない学力検査問題(数学と英語)の難易度は適正だったのかを推測する

表題の件の推測については、学校選択問題を選択した高校(以下「選択高校」と呼びます。)の受検者が、学校選択問題でない学力検査問題を受けたらどのくらいとれるかを推測した平均点(以下、「推定平均点」と呼びます。)と、学校選択問題を選択しない高校(以下「一般高校」と呼びます。)の受検者の平均点と、を基に「推定平均点」を算出して、28年度の平均点と比較することで行おうと思います。
ここでは、出題の問題自体の質は、適性であるという前提です。

以下の計算式で「推定平均点」を算出します。
「一般高校」の受検者の平均点=A
「一般高校」受検者合計=B
「選択高校」の受検者の平均点=C
「選択高校」受検者合計=D
「推定平均点」=(A×B+C×D)÷(B+D)

まず数学ですが、仮に「選択高校」の受検生の平均が満点とすると、「推定平均点」は56.3になります。さすがにそれはあり得ないのですが、最高でもそこまでというのが、1つの目安になると思います。
学校選択問題の半分は普通の学力検査問題と共通ですので、「選択高校」の受検生が学校選択問題でない学力検査問題を受検しても、良くて平均70点程度ではないかと思います。
その場合全体の「推定平均点」は49.9となり、28年よりも若干難化したということになりそうですが、「選択高校」の受検生の平均が75点であれば50.9となりますし、概ね同じ難易度といっても良いのかもしれないと思います。

英語に関しては、学校選択問題の平均点が71.9と高いのですが、学校選択問題でない学力検査問題であった場合、「選択高校」の受検生の平均は80~90といったあたりになりそうです。
これを当てはめますと、80点であれば「推定平均点」は58.0、90点であれば60.1ということで、28年度の57.4よりは高い平均になりそうです。(なお、学校選択問題の平均点71.9点をそのまま使うと「推定平均点」は56.3となります。)
よって、学校選択問題でない学力検査問題の英語は28年度よりもやや易化したと言えそうですが、それでも6割程度ですので、易しすぎるものでもなかったと思います。

問題自体の質は適正であるという前提で、平均点のみで推測した場合、「一般高校」(学校選択問題を選択しなかった高校)で利用された、数学と英語の学力検査問題については、難易度は概ね適正な出題であったのかなと思いますが、数学は気持ち易化、そして英語は気持ち難化してもいいのかなというところでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR