29年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校(埼玉)

表題の件ですが、既に3月24日付で文部科学省から発表されていますので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

平成29年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校の内定等について<文部科学省公式サイト>

応募校125校のうち77校が指定されたということです。
埼玉では、浦和一女、松山、熊谷、川越女子、不動岡の5校が指定校となりました。平成29年度から33年度までの5年間が指定期間となります。
既に以前に指定されて現在も指定校である、春日部(H27指定)、市立大宮北(H28指定)と合わせて、7校が指定校ということになります。
さらに、熊谷女子のHPによれば、同校本年度経過措置として指定されており、H30年度の指定を目指すそうです。また明確にはなっていませんが、熊谷西も同様に経過措置として指定されていると思われます。
熊女も熊西も、経過措置期間中に巻き返して、再指定を受けてほしいと願っています。

本年度指定された高校では、熊谷、川越女子、不動岡の3校は28年度は経過措置の高校として1年間努力をして再指定されたことになりますが、浦和一女と松山は、連続で指定されたことになります。

浦和一女と松山は平成24-28年度の指定校として、熊谷女子、熊谷西と共に指定されていましたので、4校のうち2校が指定されたことになります。
指定に際しての詳細の基準はわかりませんが、継続する場合は、それまでの取り組み姿勢や成果は当然問われると思います。

これについては、平成26年度に中間評価がなされたので調べたのですが、なぜか消えて(消されて?)います。
こんな時はインターネットアーカイブを使うのですが、ありました。

スーパーサイエンスハイスクール(平成24年度指定)の中間評価について<インターネットアーカイブより取得>

これによれば、松山は中間では大変良い評価で、それを持続させて成果をあげたのであろうと思います。そして浦和一女は中間では良い評価でなかったので、改善をして成果を上げたのであろうと思います。

スーパーサイエンスハイスクール指定校の7校が実績を重ね、優れた理系人材を開発するとともに、大学受験に関しても成果を上げることを期待しています。
スポンサーサイト

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR