【高校受験】学力だけでなく得点力を磨く

お彼岸ですね。
年度末に近く、遠方にあるため春は墓参しないことが多いのですが、21日に休暇を取得できたこともあり、行ってまいりました。
日々の生活の中では、いつまでここを維持できるのかなと思ったりしますが、墓前に立ちますと何やら大きな縁のようなものを感じます。

さて、表題の件ですが、今回学校選択問題の数学の感想を見て改めて思ったのは、入試は学力だけでは点が取れないということです。
もちろん学力がなければ点はとれませんが、学力を得点に結び付けなければ合格はできません。学力だけでなく、得点力を磨かないといけないということです。

結論から言えば、北辰テストのような業者テスト等の模擬試験を数多く受けておくということも、得点力を磨く上で1つの方法だというものです。

受験のやり方は人それぞれで良いと思うので、このような方法が絶対というものではありません。北辰テストは確約を取れればその後の受験は無駄という考えをとる人も多いと思います。そしてそれでも本番で点が取れる受験生もいると思います。

ただ、明らかに勉強「時間」が少なかった息子が入試で点を取れたのは、中1から北辰テストを欠かさずに受験したことと、過去問学習も本番と同じ時間で解く訓練にしていたこととが、かなり大きいのではないかと思います。

別に北辰テストでなく他の模試でも良いと思いますし、自宅での過去問等の学習でもよいと思いますが、取れる点は確実に取るためには、本番形式で訓練するのが良いと思います。

なお、こちらの北辰テストのwebサイトを拝見しますと、第3回~7回に比較して、第1、2及び8回の受験者数は約半数になっていることと、第4、5回が受験者数のピークになっていることとから、北辰テストを「確約」のためと考える受験者がかなり多いということが示唆されていると思います。

HOKUSHIN Tips!  《第8回(最終回)》 北辰テストの「受験回数」と「成績」の関係って?(北辰テスト公式)

なかなか良いことが書いてあると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR