【埼玉高校受験】学校選択問題の数学について

埼玉の公立高受検生と保護者の皆様、大変お疲れ様でした。
10日以降はまた次のステップが始まりますので、まずは少しお休みされればと思います。

さて、初の学校選択問題となった数学を解いてみました。

あくまで私の感覚的な印象を述べますと、公立中学でもれなく学べているか、解ける問題から解くということを徹底しているか、素直に解こうとしているか、という大原則を守っている限りでは、北辰偏差値70の実力があれば6~7割は取れるのではないかと思えましたが、どうなるでしょうか。
今回は、三角形の比に関するところが強いとかなり有利だったと思いますので、そういった場合はさらに得点できたかもしれません。

実際に解いてみたのですが、時間をかけた場合では24年度入試よりも今回の選択問題の方が、得点が高くなるように思えました。
大問1が昨年までの問題よりも難しくなっていますので、そこで平常心を保てたかが最初の関門だったかもしれません。あるいは他から取り組んでいくという柔軟性が高い受験生もかなり得点できたかもしれません。

詳細については、別途パスワード付の記事にします。見る人を制限したいのではなく、ご覧いただきたい人のみに公開したいという趣旨ですので、パスワードは下に書いておきます。

【埼玉高校受験】学校選択問題の数学の独自解説

厳しいことや自分の私的な感想も書いていますが、それをご承知の上でご覧いただける場合は、半角英6文字「oomiya」を入れてご覧ください。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR