【埼玉高校受験】国公立大合格率上位校等の進路希望倍率の推移

センター試験は終わりましたね。
受験生そしてその保護者の皆様お疲れ様でした。
息子は数学だけは解くと言っていましたが、どのくらいできるでしょうか。
私も地学を解いてみようかと思っています。

さて、前回予告した通り国公立大学合格率(卒業生の定員を分母として計算したもの)が概ね10%以上の埼玉県の公立高校および理数科について、5年間の倍率推移を表にしてみました。

希望倍率推移28_12

これをもって倍率を正確に予測することは困難だと思いますが、高校(もしくは学科)によっては、10月→12月→入試本番の推移について毎年の傾向が似ているところもあるので、志望している高校の倍率が想像できる場合もあるかもしれません。

また、昨年同期との比較をしますと、ざっと見ると結構変動がある印象を受けるのですが、募集人数の増減も考慮してみるとあまり変わっていない所もあるようです。

出願時期も近いので、具体的な予想は避けますが、この倍率を気にしすぎない、ということをアドバイスとしてあげておきます。

倍率が高くても成績上位者だけが増えたというものでもないですし、逆に倍率が低くても成績が相対的に低い層だけが減ったというものではないと思います。

状況を把握しつつも動揺することなく、今まで通り努力を続けることのみが合格への道であると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR