【大学受験】センター試験準備は最後まで走りきる

今年は年賀状を23日に作成し、投函してきました。
近年年賀状の作成は28~30日でしたが、今年は息子の大学合格だけでなく、自らの変化の年でもあり、最後まで気合をいれて走ろうか、のような思いもありました。

ところで、昨年の今頃は、息子は東進のセンター模試を23日に受験し、センター試験に向けて最後の追い込みの勉強を行っていたと思います。

その東進のセンター模試の結果を見ますと、数学と物理以外は平均点を下回る状況にあり、未完成であったと思います。
しかし、センター本番では超苦手の英語も含めて、全て平均を超えました。
最後まで諦めずに走り続けたことが良かったと思います。

この12月の東進センター模試では合否判定はなかったと思うのですが、11月の時点のセンター模試では、全統はE判定、ベネッセ駿台はD判定だったところ、センター本番ではB判定になったことからも、最後の追い込みが非常に効果的だったということだと思います。

年末年始も元旦だけはペースダウンしましたが、よく勉強していたと思います。3が日くらいは休んでメリハリをつけるということが良い場合もあるとは思いますが、息子の場合は正月返上で勉強というのは、心理的にもプラスになったように感じられます。

センター試験まであと3週間を切りましたが、最後まで諦めずに少しでも多く知識を積み上げてほしいと思います。

なお、東進の模試の偏差値とセンターリサーチでの偏差値とは、単純に比較してはいけないと思いますし、東進の偏差値とベネッセ駿台のマーク模試の偏差値とも単純に比較できないものではあるのですが、どうも理系はこれらの母集団のレベルが近いのではないかという印象です。もっとも文系の場合はまた違った結果になるかもしれません。
全統マークは、それらよりも母集団のレベルは高い印象です。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR