【大学受験】センター試験に注力する時が近づく

この話は、難関大受験生向けの話ではなく、中堅国立大を第一志望とする現役受験生(とその保護者)向けのものです。一応先にお断りしておきます。

さて、センター試験まで2か月を切りました。
現役生は、高校の定期テストがありますので、その対策もしっかりやることも大事なことですが、センター試験の対策も具体化する時期かなと思います。

センター対策は「暗記もの」に注力することが重要だと思います。
息子の場合は、不得意科目である英語の対策が必須でした。最重要の英単語の暗記については、教材の復習と共にわからない単語を抽出して覚えるというやり方で、今頃から取り組み始めていたように思います。

息子は、数学や物理は自信があったようで、それらの学習は期末テスト以降凍結し、社会(1科目)、化学、そして英語に絞って勉強していました。数学、物理、国語は、センターパックや模試に関するもののみの学習だったと思います。
これらは、全て本人が自分の判断で行っていました。

これまで、定期テスト前や長期休みを除いてほとんど勉強していなかった息子ですが、かなりの長時間の勉強を継続しており、やる時はやるものだなと思いました。

センター本番では、数学と物理で大きく点を稼ぐことができ、英語も決してよくはないものの、模試では実現したことがなかったクラス平均を超えることができ、その他の科目も平均点が低下した影響はありましたが健闘しました。
そして、合計では本人が超えればいいと願っていた7割ラインを大きく超えることができました。

数学はまだ伸びるとは思いましたが、大きくは点を伸ばせないと思います。また、物理は最難関大に合格したクラスメートと同じ点数という高得点でしたので、これ以上勉強する必要はありませんでした。
その分他の科目に注力して得点を伸ばしたことを考えますと、息子の取ったやり方は適切だったと思います。

英語を早くからやっておけば、というのは、まったくその通りですが、期間が迫ってからでも無駄ではなく、得点を伸ばせることを示したと思います。

センター試験まで残りは少なくなりましたが、暗記がポイントの科目は暗記量が多ければ点を伸ばせます。最後まで知識を積み上げる努力をしてほしいと思います。

難関大に合格したわけではありませんし、人様に自慢するという思いはありませんが、難関高の次のレベルの高校で学び、身の丈に合った範囲での国立大を目指すという現役受験生には、1つの例となるのかなと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR