大学合格状況ではなく進学状況こそ現実

埼玉の各高校では、大学の合格者数を公表しているところが多くなっています。
国公立大学の場合は、そのまま入学する場合が多いと思いますが、私立大の場合は合格者数と進学者数が大きく乖離していると思います。

浦和高校は現役浪人合計の進学者数、浦和一女はそれぞれの進学者数を公表しています。
大宮高校では、主要国公立大、早慶上理、MARCHの進学者数を公表していますが、理数科は現役浪人合計の進学者数を公表しています。
所沢北高校や松山高校(理数科、特進の人数も記載)では、現役の進学者数を公表していることを確認しています。

入学に相応の努力が必要な高校であっても、全員が国公立大や難関私立大に進学するものではないことが良くわかります。
そして、大学進学にあたってもそれ相応の努力をする必要があるということなのだと思います。高校入試は終点ではないということなのだと思います。

息子の中学までの同級生の動向が少しずつ入ってきていますが、地域の最上位の高校に進学した子たちは、大学入試では意外と苦戦しているようです。逆に難関公立校に合格できず私立高にいった子の中には、最難関といえる国立大学に現役合格した子がいました。

北辰偏差値の平均値と国公立大や難関私立大の合格率は高い相関があるとはいえ、あくまで平均値の話であり、個々の努力で打破もできるし、逆に沈むこともあるということを実感しています。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR