理系を考えているなら、物理を早く捨てないことを勧める

今回は、来年以降大学受験生になる人(の保護者)向けの話です。

大学受験に関して、何か1つ後悔していることを挙げよ、言われれば、私は「早期に物理をあきらめたこと」になります。

現在の私は、私以外は全員理系大学出身という技術部門で仕事をしていますので、いまさら後悔もないのですが、強いて言えば、というものです。

現在の物理の履修は、高校2年生で物理基礎、3年で物理ということが多いようですので、早期に諦めざるをえないということはあまり考えなくてもいいかもしれないのですが、理学系や工学系を少しでも考えているのであれば、最後まで諦めずに頑張って欲しいと思います。

物理をあきらめますと、理系への道は一部に限定されてしまいます。
志望を変えるので他の科目に注力したいというのであれば、止めたりしませんが、理系に進むことが変わっていないのであれば、物理は最後まで履修することを私は勧めます。

適性ということはあるかもしれませんが、最低1年頑張ってみてから結論を出すでも遅くないと思います。文系に変わったとしても、うまくいけば物理基礎を得点源にできます。
スポンサーサイト

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR