【高校受験】年内の北辰テストの成績が全てではない

北辰テストも年内はあと2回になりました。
この時期「確約」がない受験生の保護者という経験を私はしています。
そのような場合は、焦りの気持ちは否定できない所ではありますが、ここはまずは保護者が落ち着いて、受験生がベストの力を出せる環境を維持するようにしてあげて欲しいと思います。

ところで、北辰テストのHPを見ていたら、以下のようなコンテンツがありました。

HOKUSHIN Tips!

結構興味深いことがでていますが、この中に
《第2回》 「塾に通っている人は成績がいい」って、ホント?
というものがあります。

たぶんそのとおりでしょう。
ただ、正確には塾に通っている人、ではなくて「勉強した人」なので、そこは要注意です。保護者がお金を出して塾に入れても子供が勉強しなければ成績は上がりません。

また、7回目の試験の結果は全てではありません。
7回目の北辰テストの日から公立高校入試までは、約3か月あります。
このくらい長いと伸びる子は伸びます。ですから、年内に成績が良くても油断大敵です。

塾通いをしていなかった息子は1回目と7回目では、ほぼ横ばいでした。私が「準難関」や「難関」と呼んでいた高校(国公立大の合格率で取り上げた高校とほぼ同じ)は、全てC判定以下になる水準でした。
それでも合格したのは、7回目と入試の間に勉強したからということになります。

北辰テストは確約用と割り切って受け、目標をクリアするとその後の北辰は受けないケースもあるようです。それ自体は別に悪くはないのですが、中には安心してペースダウンしてしまったのかな、という事例があるようです。
上位(2番手、3番手も含む)公立高を目指しているのであれば、慢心することなく最後まで勉強を続けてほしいと思います。

蛇足ですが、通塾率は12月の段階で84%ということになりますね。
息子の中学時代は、息子曰く塾通いしていないのは自分を入れてクラスでは2人だけ、のような話で、上位校狙いの子たちは通塾率100%だったと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR