数学が得意だと現代文でも点が取れる?

現代文は、私の高校時代ですと現代国語もしくは現国という呼称でした。
最近は現文でしょうか。

この現代文ですが、数学が得意な人は現代文も得意という話が結構あるようですね。
ネットでもたくさんヒットします。

息子を見てきたところでは、ほとんど読書をしないのに、国語は昔から5段階評価で5が多かったですし、公立高校入試でも、センター試験でも結構いい点を取っています。公立高入試では、現代文の部分は、満点か満点に近かったような記憶があります。

息子は、数学が常に得意科目でしたので、数学が得意だと現代文が得意、ということに当てはまることになります。

私自身は、高3の時に、数学の勉強をやめてから、それまで比較的できていたZ会の国語が急に解けなくなった経験があります。特に現代国語が全然だめになってしましました。
数学の勉強で論理的思考力が鍛えられていたところ、数学の勉強をやめたために論理的思考能力が低下したということかもしれません。

その後浪人中に数学は得意科目として復活しますが、現国もそこそこ成績が戻ったと思います。

私と息子は、いわゆる暗記数学の学習はしていません。またどちらかといえば数学に関しては比較的少ない勉強時間で点数が取れるというタイプになります。
そういったタイプですと、数学と現代文の得点力には、正の相関性が強いということかもしれません。

息子の場合、論説文の場合は特に高得点の傾向があるので、数学力が現代文の得点力に影響しているのは、ほぼ間違いないのかなと思います。
ただ、高校の現代文の授業も結構役立っていたと思いますし、数多く受けた模試の国語(現代文)も役立っていたと思います。

数学と現代文の得点力のための基盤的な能力は、共通性がありそうだと思います。
ただし、現代文は数学力だけで点が取れるものではなく、得点力を鍛えるための練習は必要なのだろうと思います。
私はそこそこ、息子はそれ以上というのは、この練習の差ではないかと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR