【高校受験】埼玉公立高校入試の受検生心得で、シャープペンシルの使用が明確化

まだ忙しく、この3連休も持ち帰り状態ですが、多少精神的な余裕ができたので今のうちに更新です。

来年3月の埼玉県公立高校入試の「受検生心得」が公表されています。

平成29年度埼玉県公立高等学校入学者選抜に関する情報

平成29年度埼玉県公立高等学校入学者選抜における受検生心得(平成28年10月)

社会と理科の試験時間が10分ずつ伸びて50分となりますが、併せて少し改定したようです。
今年から、「検査時に使用を認めるもの」として、
シャープペンシルと直定規が可であることが括弧書きで明記されました。

息子が受験した当時も、シャープペンシルは鉛筆に含まれるものとして運用されていたようなのですが、息子は鉛筆を使って受検しました。
私は、基本的には、指定された通りに(解釈を入れずに)試験を受けるのが吉であると思っていますのでこのようにさせました。

しかし、明記されていないがゆえに、多少の迷いは生じたと思います。
普段シャープペンシルを使っている子ですと、鉛筆でないといけないと解釈して若干の戸惑いを覚えつつ受検するケースや、慣れたものを使いたいとシャープペンシルを使ったケースでは、違反ではないかと多少気をつかったかもしれません。

今回、ルールを明確化して受検生が平等に試験に集中できるようにしていただいたことは、良かったと思います。

埼玉の公立高校受験に関しては、今後多くの情報が出てきます。
募集人員や10月1日現在の志望状況といったものが、今月下旬から11月初めにかけて公表されると思います。

保護者の皆さんも学校説明会等で忙しいとは思いますが、今月下旬ごろからは県のHPをチェックしてみてください。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR