最後に明暗をわけるのは、志望度の強さかもしれない

業務多忙のため、当面更新間隔が大きくなりそうです。。。

さて、私自身が大学受験で必ずしも思ったようにできなかったのは、志望度が高くないということがかなり大きかったのかなと思います。
卒業後にサラリーマンになるため、というようなことぐらいしかありませんでした。そもそも文系は学びたい分野ではなかったのです。

浪人し最終的に国公立の第一志望をあきらめて、他の国立大を受けました。共通一次は概ねボーダーライン以上(7割台の半ば)でしたし、2次模試も最終的にはA判定でしたが、不合格でした。

息子は現役ですが、私の受験生時代の共通一次に相当するセンター試験結果の判定は概ね同じ、また2次模試の判定は最終的にA判定ということで、私のケースとよく似ています。
しかし息子は合格しました。
開示された得点を見ても、合格平均を上回っており、圧勝とまでは言えないかもしれませんが、判定通りかそれ以上の結果を出していると思われます。

私の受けた当時の共通一次は社会2科目、理科2科目に対して、科目数は1つ減っていますが、数学はⅡ・Bが範囲になっていたりしますので、負担はそれほど変わらないと思います。
では、何が違っていたのでしょうか。

まず、本番直前の気合の入り方が全然違っていました。私は浪人でしたが、最後まで貪欲に頑張るという姿勢があまりなかったと記憶しています。
それに対して、息子は正月休みも返上し、親戚へのあいさつも合格後と決めて、短期間とはいえ、集中して勉強していました。

なぜそのように姿勢に違いが出たのかですが、これは志望度合いだと思います。
息子は、その大学で学びたいことが明確であり、かつ自分にもっとも適した大学、何としても入りたい大学、という思いも強かったと思います。

仮に不合格になっても、もう1年勉強してでも入りたいという強い志望でした。
浪人を考えるとさらに浪人を重ねてしまうこともあるのですが、息子の場合は早く大学で学びたいという強い意思もあったので、とにかく現役合格を目指していました。

ただ、模試の結果や直前に学習していたセンターパック(結局3社分やったようです)の出来具合を考えると、本人はセンターで7割というのは厳しいと思ったようです。
それでもなんとか7割を確保して、2次で逆転の可能性を残す、と考えていたようで、不得意な英語、社会、理科1科目に注力して1点でも多く点数を取ることで、可能性を高めようとしていたようです。

その勉強ぶりは、短期間ながら過去最高の集中という様子でしたが、それは志望度の高さというものが大きかったと思います。

結局その思いの差というものが、勉強量と質の差となり、入試本番での成績の差になったのだと思います。

国公立大学の受験校の決定は、センターの結果で決めるというケースも多く、とにかく国公立というのであれば、それも1つの考え方だと思います。
しかし、2次で満点でも合格が不可能といった絶対に無理な点でなければ、ぶれずに志望を突き通すといった息子のような考え方は、一見無謀かもしれませんが、最終的に実力を1段階上向かせる力にもなりうるのかな、という気がします。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR