難問だけを練習しても効果が上がらないケースがある

自分の受験生時代には、入試で難問を解くためには、難問を多く解くことこそが必要であると信じ込んでいました。
これは中学受験時代からで、難問が解けなければさらに多くの難問を解くように、といった指導を受けていたと思います。
そして疑問を持たずに難問を解いていたように思います。

それは、全く間違っているわけではないと思いますが、あまり効果を上げないことも多かった様に思います。

難問に慣れていないからではなく、実は基本的に理解していなければならないものが欠けていたために難問が解けなかったケースが結構あったためです。
私が時々書いている表現を使いますと「穴」を埋めていなかったから、ということです。

難問を解くことで基本も学べる場合もありますが、ムラが生じやすいと思います。基本を理解するためには、難問を解くのではなく、基本問題や標準的な問題を多く解くほうが有効だと思います。
その上で難問を練習するなら悪くはないと思いますが、それが必要かどうか、またどのくらいやればよいかは受験校次第と思います。
同じ受験校でも、受験生個々人で違ってくると思います。

自分のそれほど多くはない指導経験や息子の実績からみても、まずは基本問題や標準問題をきちんと学習することが、難問を解くために有効になるように思います。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR