【高校受験】1学期の内申点は気にしすぎない

息子の大学の夏休みは8月になってからで、9月下旬からは授業が再開のようです。
私が大学生の時は7月中下旬から夏休みになり、9月いっぱいまでで、後期が10月からだったと記憶していますが、やはり国立大は勉強させるのかなという感想です。

さて、今回は、3学期制の場合を想定して書いていますので、2学期制の場合は当てはまらないかもしれませんが、そこはご容赦ください。

埼玉では先週が1学期の終わりという中学校が多かったと思います。
最終日には通知表を受け取りますが、高校受験生には気になるものだと思います。
埼玉の場合、最難関高でも内申点は高ければそれだけ有利というのは間違いないので、ある程度気にすべきことであると思います。

しかし、1学期に悪かった場合でも、まだ挽回可能ですし、1学期に良ければ2学期に少々落ちても内申点への影響は少ないことが多いと思いますので、結果は結果として気にしすぎる必要はないと思います。

例えば1学期に5である教科があったとして、それが2学期に4に落ちても平均4.5点のため四捨五入によって内申は5になります。逆もまた同じ結果になります。

そうした四捨五入を考えると、1学期に1教科4であと8教科が5だった場合(合計44)、2学期に1学期4だった教科のみが5となって、あとは4となってしまったとすると(合計37)、平均値の四捨五入により内申上はオール5(合計45)ということになります。

さすがにこれと同じ例になることは極めてまれと思いますが、中学生当時の息子のように、1学期よりも2学期の成績が下がったものの、内申は1学期と2学期の点数を合算して2で割るということが幸いし、合計点について「調査書の内申点」>「1学期の点」>「2学期の点」になったという例もあります。

結局、四捨五入ルールのため、内申点は1学期と2学期の良いほうの点になる傾向があるということになります。ですから、仮に1学期が今一つであったとしても、2学期に挽回可能だというケースも多いと思います。
なお、このことについては、私は中学校の3者面談で調査書の下書きを見せてもらって、先生に説明いただいて初めて認識しました。

先に知っていたところで、計算して効果的な点数の取り方ができるというものでもないでしょうし、基本的には、2学期に向けて内申点をあげるように努力することは必要と思います。それが、合格のための学力をつけることにもなると思います。
1学期の結果がどうであれ、それをあまり気にすることなくこの夏休みを有意義に過ごしてほしいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR