夏休みの勉強で合格を近づける

部活の引退が夏休みの大会になったとしても、その後の努力で合格する受験生はいます。
しかし、夏休みの勉強を活用すれば、合格を近づけることができると思います。
長い期間を自分自身の時間として使えるのですから、活かさないともったいないです。

昨年の息子の状況を少し紹介します。
これだけではないですが、成果が顕著だったのは主としてこの2点です。
・キーとなる数学の強化
・センター科目のうち、国立2次や私大で利用しない科目の学習
前者は、自主的に問題集をやり、後者は、学校の進学補習を活用していました。

夏の効果はすぐに見えないことも多いのですが、そこで一旦暗記ものも含めてやっておきますと、11月以降の追い込み期の効果が大きくなったように感じます。
数学は秋以降にV字回復とそれ以降の得点力の維持という効果があったと思います。

数学に関しては、志望校の合格水準を下回ることはなかったのですが、数学依存という状況はおそらく最後まで変わらないと私は考えていました。
そして、大学入学後の基本的学力にもなるので、数学の強化を強く促しました。
この頃の息子は正しく自己管理し、適切な勉強の方針も立てられるようになっていましたので、例外的に提案の形で推したものです。

私の提案も組み込んで大変だったと思いますが、夏休みは気合を入れて頑張っていました。

反省点としては英語ですね。
英語もかなりやっていたのではないかと思いますが、語彙力(そもそもの単語力)がないため、効果があまり上がらなかったように思います。語彙力も意識してつけるべきだったと思います。

結果としては、息子はセンター直前に語彙力を強化してなんとかセンターを乗り切りましたが、本番直前というのはお勧めできません。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR