埼玉公立高の国公立大合格率に思う<その2>

前回の結果を見ていますと、埼玉のTOPレベルの高校では、浪人をして難関大に合格する人も多いことが明らかになっていますが、それは浪人しても難関大を目指すのが当然という意識を持つ生徒が少なくないことが示唆されていると思います。
前向きな思いを持って上に向かってチャレンジするのは、良いことだと思います。

しかし、逆に、その学校で難関大とされている大学以外は目指しにくいという雰囲気があるとすれば、それはそうした大学を目指したい生徒にとって、阻害要因になるかもしれません。

自分の大学受験生時代では、中堅国立大なら合格できたのではないかといった生徒でも、難関をめざしたものの失敗し、浪人しても難関に拘ったものの結局私立の中堅大に進学といったケースも見てきました。
そもそもそれが限界だったかもしれませんが、難関を目指すのが当然という雰囲気の中で、選択の幅を狭めてしまったケースも結構あったように思います。

一定レベル以上の国公立大であれば、設備も教員も良いですし、学生の水準も相応に良いと思います。理系のケースしか知らないのですが、そうした国公立大から、東大、東工大や旧帝大の大学院に入る学生も存在します。簡単ではないとは思いますが、少なくとも大学入試でそこを目指すよりは容易と思います。
無理をせずに、志望する国公立大を選択する方が、最終的に後悔が少ないケースもありそうです。

いずれにしましても、高校生自身が周りに左右されることなく、自らの強い意思を持って志望大学を決め、それに向かってチャレンジしてほしいと願っています。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR