現役生は理社の偏差値の変動にあわてないこと

ここでは主として高校受験を経験して高校に入学した現役生を対象に書いています。

高校3年時、特に理科社会では、受験予定の科目の授業が続いていることも多いです。
その場合、習っていない範囲が模試に出ることも珍しくありません。そうしたときは成績が落ちて当然であり、偏差値が低いからと言って必要以上のアクションは無用だと思います。
逆に習った範囲だけが模試に出て思わぬ好成績になることもありますが、それで安心しすぎるのも禁物です。
模試の成績が下がっても落ち込むことなく、また上がっても過信することなく、通常通り学習を続けるべきと思います。

現役生の場合、仮に最後の模試(11月ごろ)で結果が出なくてもまだ時間があるので、センター本番に向けて成績を戻す(上げる)ことは無理な話ではありません。
息子も、高2時代に良い成績ながら高3に入って低迷し、夏ごろに底になった科目がありましたが、そこから盛り返してセンター試験では高得点になったものがあります。

センター試験の受験科目を途中で変えるというのもリスクがあります。暗記科目とされているものが意外に難しかったりすることもあります。もちろん相当な学習を行えば大丈夫と思いますし、変えてよかったという話も聞いたことはありますが、途中からでは厳しい場面もあると思います。

結果の悪さにあわてて、もうダメだとあきらめて科目を変更しても、より大変になる可能性があるわけです。なんとか踏みとどまって学習を続けたほうが、最後に結果を出せる場合もありますし、よく考えたほうがいいと思います。

なお、中高一貫校では、高2までに高校の課程を全部終わらせているところもあるようです。そのようなケースでは、特に成績が低下した場合は要注意と思います。弱点があるのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR