センター試験で現役8割を目指すには(総論)

今年のGWは暦通りです。2日の通勤電車は多少空いていたかなという程度でした。帰りはむしろいつもより混んでいました。お出かけの人も多かったのでしょうね。6日はどうなるでしょうか。
さて、表題の件ですが、現役生がセンターで8割を目指すには、という総論的な話です。それ以上のレベルが必要な大学はありますが、そういった場合は、ここは読み飛ばすなりしていただければと思います。

センター試験の難易度は、受験生によってどう感じるかは差があると思いますが、少なくとも高校で習う範囲を超えることはありません。
その意味でも、やはり日々の高校の授業をしっかりと受けて学習するということがまず大事になると思います。

ただし、それだけではすべてを理解して覚えることができるのは稀だと思います。実際に息子は授業を真面目に出ていましたが、成績は科目によってはクラスの平均レベルかそれ以下のものもありました。
しかしそういった科目については、3年生の時に学校で行われた放課後や始業前の講習に参加したり、また夏休みには本来対象外ながら先生にお願いして講習に参加したりして、積極的に学習することで、実力の底上げを図っていました。

特に日頃の成績が今一つの科目の場合は、この夏休みと通常の授業の前後の時間を活用する、ということが大事になってくると思います。成績が良くない状態で対策を取らずにいたような場合、直前に駆け込み学習をしても、点数が取れない可能性が高いと思います。

埼玉の公立高校では始業前、放課後、そして長期休み中に講習を実施するところが多く、息子の高校もそうでしたので息子はそれを活用していました。費用は教材費だけですので、保護者としては非常に助かったというのも正直なところではあります。

繰り返しになりますが、センター試験は高校で習う範囲の試験です。ですからその範囲をまんべんなくカバーして学習し、覚えるべきことは覚えれば8割は難しくないと思います。
息子の場合は、第一志望のボーダーが8割以下のために特に8割にこだわる必要はなかったのですが、数学2科目、理科2科目の平均はそれぞれ8割を確保していますので、センター8割というのは、一定水準以上の合格実績の高校であれば必ずしも塾や予備校に行く必要はないということであろうと思います。
しかし個々の事情は様々であり、塾や予備校等を活用し、効果を上げている現役生がいることもまた事実ですし、それも選択の1つであろうと思います。

もう1つ、下手に満点など狙って特定の科目に勉強をしすぎる、ということはお勧めしません。全てがそうとは言い切れませんが、得意科目だからと言っても、90点取れる科目を100点満点にするには相当な学習量が必要です。しかし、それよりも少ない学習量で、60点のレベルの不得意科目を70点以上にできると思います。
息子も、センター前の1か月以上の期間、得意科目はあまり学習せずに不得意科目に注力して、総合得点UPに成功しています。

現役生がセンター8割を目指すためには、まずは学校の授業を大事にしてほしいと思います。まだセンター試験までは時間がありますが、日々の学習は緊張感を持って進めてほしいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR