埼玉の公立高校選びの参考となる国公立大合格状況

平成28年埼玉県公立高校の入学試験の平均点が27日に発表されました。
※()内は27年度の点数です。

合計269.4(259.1)点、国語57.9(56.0)点、社会63.7(49.1)点、数学51.1(48.1)点、理科39.2(50.3)点、英語57.4(55.6)点でした。
理科の平均がかなり低いのが気になりますが、とりあえず論評抜きでの紹介です。

さて、表題の件に入ります。
結論から述べると、志望高校の選定の時に、候補となる高校の大学合格状況を把握しておきましょうというものです。

高校選びというのは、自分の見聞きした範囲では、子どもですと部活のウェイトが高い場合が多いのに対して、保護者側では大学進学状況というのがどうしても気になるところだと思います。保護者としては、目指す高校の進学状況はチェックしておいて損はないと思います。

今春の大学合格状況が、各高校のホームページで次々に発表されています。
本日現在、未発表のところもありますが、例年国公立大の合格率が10%程度以上の高校では、多少増減はあるものの全体的には概ね昨年並みの結果が出ているようです。

国公立大学の合格率は、北辰偏差値に比例しているようなことが言われます。全体的な傾向として、それは間違っていません。
しかし、個別にみると必ずしも偏差値の順番になっているわけではありません。
また、同じような合格率であっても、大学のレベルに差があることもあります。
現役合格率というところも見るべきポイントだと思います。
普通科と専門学科がある場合は、可能ならそれぞれ分けて把握できればなおよいです。
これらをよくチェックしておいた方が良いと思います。
特進クラスがある場合は、その実績を知っておくのも良いと思います。ただし、昨年まではそこをはっきりと公表している高校はごく少ないので、志望校であるならば説明会で聞くのもよさそうです。

本人の希望というのは尊重したほうが良いと思いますが、入学後に違う部活を選ぶことも少なくはないですし、保護者の方から志望校の候補を提案するのも良いと思います。
国公立大の合格を考えるとすれば、毎年一定の実績を上げている高校に入学することで、それをより現実のものとすることができると思います。

また、中学生でも大学までを見越して志望高校を選ぶ子もいます。そうした場合でも保護者としてその高校の合格状況を把握しておくのは良いと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR