赤本は早めに用意を

受験勉強が遅れ気味だった息子が赤本に本格着手したのは、センター試験後だったと思います。
しかし、赤本は売り切れの可能性もありますし、早めに注文したほうが良いと思います。
通販(アマゾン)を利用して2016年版を買いましたが、記録を見ると12月10日でした。

かなり遅い方だとは思います。
冬休みから少しずつやっていたようですが、本格的にはセンター試験後だったと思います。

そして、3年では足りないと焦り出したのが、概ね2週間前でした。学校には常備してありますので進路指導室に行くしかないのですが、下手に出かけるとインフルエンザを拾うリスクもありますし、古本を探してみることにしました。

運よく定価よりも安い古本(2013年版)がアマゾンで見つかり、その業者での最後の1冊を確保し配達されたのが記録を見ると2月17日でした。本番まであと10日を切っています。
あまり利用されなかったのか、きれいでした。息子は到着後すぐに着手し本番に向けて不安を除去することが出来たようです。

試験問題の範囲は新課程になっていますが、新旧で重複する部分の出題も多いので、古いものでも参考になると思います。

息子は幼いころから無理な注文は絶対にしない子で、おもちゃが欲しいと駄々をこねるようなことは全くありませんでした。
それだけに古い過去問をやりたいという注文は、切実であると考え手配しました。これを親バカと捉えるかどうかはおまかせしますが、自分としては決して甘い親としての行動という意識ではなく、合格を掴むために保護者として最善を尽くした当然の行動という認識です。

話が少し横に行きましたので戻します。
多くの場合赤本はもう少し早めにやると思うので、早めに手配するのが良いと思います。そして、古いものが必要であれば余裕をもって進路指導室で借りることもできると思います。

なお、息子は、赤本をバラバラにして使い尽くすやり方ですので、もはや他に譲れるようなものではなく苦労して?入手した赤本は既に資源ごみになってしまいましたが、目的を達成しましたので、それで良かったと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR