合格のカギは積極的かつ自発的に勉強できるか否か

一部最難関大はわかりませんが、国公立大合格のために塾予備校は必ずしも必要ないというのが自分の持論です。息子はそれを実証してくれたと思います。

ただ、誤解しないでいただきたいのは、塾予備校は必ずしも必要ないとしても、高校の通常の授業だけで十分ということではありません。

息子の場合は、朝や放課後、そして長期休暇中の「補習」に積極的に参加して勉強し、先生に推薦、あるいは指示された問題集等を自習していました。

「補習」については、1年次から参加していたのですが、本格的に取り組んだのは3年の夏休み以降ではないかと思います。この時はセンター科目の苦手のものを中心に学習し、その科目自体に興味を持てたようで、それが以降の学力UPにもつながっていると思います。

自習は、本格的に取り組んだのは高2からの長期休みと3年の晩秋以降ではないかと思います。特にセンター前1か月は、正月返上の勉強でした。

3年の夏休み以降は、親が声をかけることはありませんでしたが、量は別として自分で管理して勉強できていたようです。

結局のところ、合格のカギとなるのは塾や予備校に行くかどうかよりも、自分が積極的かつ自発的に勉強できるか否か、ということだと改めて思います。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR