今年も理数科からのスライド合格が多い(埼玉公立高校入試)

10日に埼玉の公立高校入試の合格発表がありました。

旧ブログでも毎年取り上げていた話ですが、今年も理数科設置校の「実質倍率」や第2志望での合格といったいわゆるスライド合格者の数を合格発表の受験番号から推定してみました。

今年は、全6校で理数科→普通科のスライドになっています。
大宮高校34名
熊谷西高校4名
越谷北高校6名
所沢北高校27名
松山高校35名
市立大宮北高校18名

普通科の最終倍率(県発表)と理数科からのスライドを加味した倍率、理数科の最終倍率(県発表)と普通科へのスライド合格を含んだ倍率を表にしてみました。
28理数科倍率

大宮と松山では、例年通りスライド合格者が多くなっており、理数科と普通科のレベル差が大きいことを示していると思います。
所沢北もスライド合格が多い印象で、やはりレベル差が比較的大きそうです。

理数科は全6校の平均倍率が2.04倍と発表されていますが、第2志望合格まで含めると1.36倍となります。この辺りも考慮して理数科を志願する受検者が増えたのかもしれないと思います。

逆に普通科志願者の場合、理数科のある高校の普通科では、理数科からの第2志望合格があるので実質的な倍率が高くなる可能性があることを覚えておいたほうが良いと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR