就職は大丈夫らしい

夏休みに息子は第一志望の国立大のオープンキャンパスに参加しました。

結構保護者と参加していた受験生が多かった様で、意外に思ったようです。

高校受験時、平日に行われていた私立高のオープンキャンパスに1人で行かせた我が家ですので、大学のオープンキャンパスに私が参加することは全く考えていませんでしたが、保護者にも参考になる話はあっただろうなという気はします。

ところで、就職の話があったようですが、さすが国立大という求人状況のようです。

理工系ですと大学院(修士課程)に進むことが多いのかなという印象があるのですが、全体的な傾向として、ここ数年大学院進学者は減り続けているようです。
以下のリンク先の統計情報で確認しました。

学校基本調査(文部科学省)

工学系の院生も23年度をピークに減り続けています。

企業では、修士の新卒の場合、大学卒よりも2年上のランクに格付けされるとは限りませんし、研究職でもない限りは院に行かずに就職というのも1つの選択だと思います。

まずは合格しなければいけないのですが、将来のイメージを持って受験に臨むというのも良いと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR