自分の子どもは「朝型」?「夜型」?

以前朝型を推奨する記事を書きました。

「早寝早起き朝ごはん」を私も推奨

仮に子どもに夜型傾向が見られるとしても、学校生活を考えると明らかに朝型が有利なので、受験生も含めて朝型を推奨するという私の考えは変わっていません。

しかし、昨今のアンチ「ゆう活」?の記事の中で、気になる記事を見つけました。

ひょっとして最悪…「朝型勤務」がダメな理由(日経の記事ですが無料のようです)

この中に、『自分が何型かわかる「朝型/夜型診断」サイト』が紹介されています。

朝型夜型質問紙

この診断は国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部によるものでした。昨今問題となっているような個人情報を抜き取るアプリの類ではありませんので、安心して診断できると思います。

国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部
睡眠に関するセルフチェック

紹介した日経の記事は成人を対象としたものですが、少年にも準用できるのではないかと思って、この時期で紹介された診断を私自身、そして私自身が見てきた息子、の2件をやってみました。
結果です。左が私、右が息子です。

朝型診断2


自分は先週朝型勤務が始まりましたが、仕事の効率が上がりました。やはり自分は朝型ということで安心しました。

気になる息子ですが、目安の1つにしかならないとはいえ一応中間型ということでこちらも少し安心しました。
しかしやや夜型の方にありますので、受験生のうちは気を付けていかないといけないということだと解釈しました。

記事にあったように、多様性を認めるべきというのは大いにうなずくところです。
しかし、中高生、受験生は朝型前提のスケジュールになっていることは否定できない現実です。

自分の子どもの性質を知って、朝型に適合するように気をつけるというのは、保護者の役割と改めて思いました。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR