勉強が必要なことは、受験生が一番知っている

最近聞いた話と自分の大学受験生時代の経験を総合しますと、偏差値や合格可能性といったものから自分の実力を客観的に判定し、何(の勉強)をどのくらいやるべきか、ということは受験生本人が一番わかっているものと思います。

ですから、模試の成績表を見て「勉強しろ」といったところで、うるさい、としか思わないと思います。

高校受験生やそれ以前の学年の場合は、業者テストの偏差値、合格可能性、自分の学力といったものを総合的に判断して適切な行動(勉強)を考えるロジックがまだ完全に形成されていないケースも少なくないと思いますので、保護者がある程度介入していくことが有効だと思いますが、それでも「勉強しろ」というだけでは納得性がないことは同じだと思います。

大学受験生が親に成績表を見せない理由はいくつかあると思うのですが、「勉強しろ」とか「塾に行け」とか言われたくないということは確実にあると思います。また感情的に伝えてしまう保護者も多いようで、それも反発の原因ではないかと思っています。

しかし、成績表を見て何も言わない保護者というのも、子どもにとっては「ではなぜ見たいのか?」という反発になってしまうかもしれません。

私は、「客観的に、少し長いタームで」を心掛けています。
成績が悪くても別に私のせいではないですし、ダメなものはダメなので、成績では感情的に怒ることはありません。もっともこれは実体験から身に染みて嫌なことだ、という思いからのものですので、そういった経験がないと難しいのかもしれません。

「少し長いタームで」というのは、一回の結果で一喜一憂しないこと、ということです。前回と比べて、前々回と比べてどうか、同時期の定期テストの結果はどうか、といったことから総合的に見るということです。これは経験に関係ないと思います。

もっとも私のやり方が絶対というものではなく、様々なやり方があっていいと思います。
一番大事なのは「自分の子どもを信じる」ということだと思っています。

様々なケースがあるので、いきなり本人に任せるというわけにいかない場合もあるとは思うのですが、任せてもだめだと決めつけるようでは、本人のやる気にも影響すると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR