難関公立高では入学前も勉強の切れ目なし

4日の日経に、「公立高受験組の春 入学前に宿題、解放感なし」という記事がありました。
毎月曜日に塾関係者と思われる執筆者が書いている記事です。

今回は、都立の進学指導重点校の入学者に、入学前に宿題が課されているというものでした。
これは埼玉の公立高でも同じです。
息子の高校でも入学前に宿題が出ました。難関とされる高校では、宿題もハードであるようです。

おそらく、各地の公立高校でも、難関と言われるような高校では同じようなことが行われているのでしょう。
高校での内容は中学よりもかなり高度になりますし、記事にもあったように、高1の間に高2の範囲まで進むことも珍しくないと思いますので、高校入学前に予習になるようなことをしていた方が間違いなく効果的と思います。

記事の執筆者は以下のようにも書かれています。
「高校受験組は、受験を迎える段階で学力がピークに達しているので、それを保ったまま高校に進学してほしいという狙いもあるのだろう。」
なかなか前向き発想で良いと思います。

怠け癖がつかないように、ということもあると思いますが、そのような後ろ向きな動機づけではなく、例えば受験勉強で培った勉強の良いリズムを持続するため、といった前向きな動機づけの方が良いなと思いました。

高校受験の経験は、大学受験にも活かせるものがあると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR