スマホの利用時間

27日の日経電子版に、「高校生、スマホ1日2時間半」という記事がありました。
内閣府の調査だそうです。

内閣府のサイトを探してみました。

青少年のインターネット利用環境実態調査(内閣府)

平成26年度青少年のインターネット利用環境実態調査結果

調査概要(PDF)

スマホでインターネットを利用した時間ということですが、高校生は1日平均154.6分、中学生は123.4分、小学生(10歳以上)は63.0分となっています。
高校生で2時間以上利用と答えたのは、63.3%と約3分の2となっています。

インターネット利用の総時間としては、高校生185.1分、中学生130.2分、小学生が83.3分ということで、スマホでのインターネット利用時間の長さが特徴的だと思います。

スマートフォンを利用することが、即悪いということは言えないのですが、受験ということを考えたとき、スマホ利用を自分でいかにコントロールできるか、ということが勝敗のカギの1つになると感じます。

なお、この調査には保護者についての調査結果も載っています。

小学生、中学生、高校生のそれぞれの保護者であまり差がないのですが、全体としてスマホでのインターネットの利用時間の平均は1日80.0分、全ての機器でのインターネット利用時間合計の平均は109.2分ということで、やはりスマホで比較的長くインターネット接続している実態が表れていると思います。

高校生は親の影響もかなり減ると思いますが、小中学生の保護者は、場合によっては保護者自らがスマホ利用を適正化して子供に示すことも必要になるかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北六郷@埼玉

Author:北六郷@埼玉
(旧々名称)「彩の国埼玉・準難関高への道の記憶」
(旧名称)「彩の国埼玉で公立高校生の保護者をしています」
子は大学生になりました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
2013/4/26~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR